みなさん、X JAPAN、知ってますか?




X JAPANが活動途中にJAPANをつけるようになったのは、Xがアメリカに進出した際既にLAにXというハンドが存在していたからなんですよ。



あと初期のあのつんつんトゲトゲのヘアースタイルですがお金がなかった時は砂糖水でベトベトにしてセットしていたそうですよ。

i320 (1)
↑砂糖水で固めてると思うとなんか微笑ましくありません?






はい、というわけでね、今回のテーマは表題の通り「パリピに紅を聴かせたい」です。


なんでX JAPANの紅なのかっていうのは、忘れました。九割ノリだったと思います。


僕はもともとメタルが好きでクラブミュージックとか猿が聴く曲だと思ってたんですが、なんか世界線がバグってクラブミュージックに傾倒するようになってしまってからというものの、メタルを蔑ろにしがちでした。(Xはメタルじゃないとか言う論争おじさんは頭を砂糖水で固めてからまた来てください)



でもやっぱりまわりの人がメタルをよく知らないのが歯がゆいというか、ちょっとでいいから聴いてみてよ~ってなるわけです。

(僕が中3の時、我慢の限界が来てお昼休みの放送で紅を流してくれとリクエストして流してもらったのですが全く話題にならず終わったりした経験もあります。もしかするとうちの学校がいきなりちびまる子の中国語翻訳版が流れたり、サザエさんのナードコアが流れたりと紅が霞むくらいdopeな学校だったというのも原因かもしれません。)



そこで思いついたのが、「メタルをメタルのまま聴く前に、まだ聴きやすい形にリミックスしたものを聴いてから段階を踏んで聴いてもらえればいいのでは?」というものです。
















決してバカにしてないです。ごめんなさい。ネタにはしたけどバカにはしてないです。


そんなわけで、メタルのイメージアップの生け贄となったX JAPANの紅をリミックスするためにパリピに強いお二方のゲストもお呼びして、「これならパリピも紅を聴けるZOY☆」と言わせられるような曲を生産していくことにしました。



こちらのお二方です。Twitterには本性が出ます。気をつけましょう。

お二方には、TOSHIが「紅だー!」って言ってる素材だけを渡しました。
俺は他にも色々使いました。マジごめんなさい。そして参加していただき本当にありがとうございました。

それでは、いってみよう!




1.Animals風 紅



ビッグルームと言わずもうAnimalsって言っちゃってます。どうやパリピ!?!?!?

2.メルボルンバウンス風 紅(YORFY Remix)


 
YORFYさんに作っていただいたメルボルンバウンス風紅!パリピ!!!!!!!!!!オラ!!!!!!!!!どうや!!?!??

3.ハードスタイル風 紅



大体聴いてもらったらわかるんですけど1のプロジェクトそのまま使ってます。オラパリピ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!Rawstyleの時に手でハート作んなや!!!!!そういうのがあかんねんぞ!!!!!!

4.Futureworld風 紅



あ~完全に趣味入っちゃったこれ。これパリピやなくてオタクが釣れるやつやでこれ。
あとまた聴いてもらったらすぐわかると思うんですけどこれも1のプロジェクトファイル転用してます。やる気出せ。






Logue4さん、ほんまにヤバくてデータ貰った時素で笑ってしまったんですよね。

5.ダブステップ風 紅(Logue4 Remix) 



ヤバイでしょこれ。多分Never say dieに収録されてもバレない。当人いわくフルは出ないそうですが有志でお金を積んでいただければやっていただけるかもしれません。







どうだったでしょうか?たぶん一番幸せな気分になったのは僕で間違いないのですが、この記事を見てくださったパリピの方々に紅、はてはX JAPANの凄さを、ゆくゆくはメタルの素晴らしさ感じでいただけると幸いです。幸いなんてもんじゃなくて多分奇跡に近いと思います。

原曲は適当にググったら出るんでググってください。


最後にこの企画に協力してくださったお二方のSoundcloudを貼って終わろうと思います。


YORFYさんはメルボルンバウンスもですがその他わかってるパリピの方が喜びそうな音楽を精力的に作っています。EPもあります!


Logue4さん(ローグフォーと読みます。ログエシと読むとSerumのウェーブテーブルにされて殺されます。)は、
ダブステップリミックスもさることながらオリジナル楽曲制作も手がけており、しかも大体ダウンロードフリーという超人です。


これからもなんかあったらなんかやるんで、よろしくお願いします!最後までご覧頂きありがとうございました。